縄田 健悟 [NAWATA, Kengo, Ph.D.]

九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター 講師

専門研究領域: 社会心理学,集団力学,組織心理学

トップ プロフィール 研究テーマ 研究業績 心理学研究情報 連絡先

最新情報(最終更新日:2016/07/19

  • 2016/7/20 科研費 基盤C(特設分野・紛争研究)に採択されました。
       基盤研究C(特設分野・紛争研究)・単独
      「社会的紛争における暴力誘発装置としての集団:“集団心理” の実証的検討」
     

  • 2016/6/20 昨年の日本心理学会@名古屋での発表が優秀発表賞を受賞しました。
      縄田健悟 (2015). 戦争における栄光の戦士:名誉の文化,戦士への賞賛,集団間紛争に関する比較社会的論拠
       日本心理学会第79回大会(名古屋国際会議場)
     

  • 2016/6/20 『Japanese Journal of Applied Psychology (応用心理学研究)』に論文が採択されました。
      Nawata, K., Huang, L., & Yamaguchi, H. (in press).
      Anti-Japanese public attitude as conformity to social norm in China:
      Role of estimated attitude of others and pluralistic ignorance
        Japanese Journal of Applied Psychology
      (和題:中国における社会規範への同調としての公的な反日態度:推測された他者態度と多元的無知)
      → [ 本文(PDF) ]
      → [ 日本語訳本文(PDF)]
     

  • 2015/11/10 グループ・ダイナミックス学会での大会発表(第2発表者)が優秀大会発表賞を受賞しました。
      秋保亮太・縄田健悟・池田浩・山口裕幸 (2015). 
      チームで振り返ることにより促進される暗黙の協調:協調迷路課題を用いた実験的検討
      日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会 (奈良大学)
     

  • 2015/11/2 第2著者の論文が『実験社会心理学研究』に掲載予定です。
      秋保亮太・縄田健悟・中里陽子・菊地梓・長池和代・山口裕幸 (掲載決定).
      メンタルモデルを共有しているチームは対話せずとも成果を挙げる:
      共有メンタルモデルとチーム・ダイアログがチーム・パフォーマンスへ及ぼす効果 実験社会心理学研究
     

  • 2015/9/24 日本心理学会 第79回大会で発表しました。
      縄田健悟 (2015). 戦争における栄光の戦士:名誉の文化,戦士への賞賛,集団間紛争に関する比較社会的論拠
      日本心理学会第79回大会(名古屋国際会議場)
     

  • 2015/7/14 日本心理学会 平成27年度 優秀論文賞を受賞しました。
      縄田健悟・山口裕幸・波多野徹・青島未佳 (2015).
      企業組織において高業績を導くチーム・プロセスの解明 心理学研究, 85, 529-539. ⇒ [本文(PDF)]
     

今年度の学会発表予定

●International Congress of Psychology 2016 (ICP2016)(7/24-29)
Nawata, K., Akiho, R., Yamaguchi, H., & Aoshima, M.
  「The team-level processes of implicit coordination in Japanese organization: the role of daily communication and shred team cognition」
・Ariyoshi, M., Nawata, K., Ikeda, H., & Yamaguchi, H.「A Study on Work Motivation of Call Center Operators」
・Huang, L., Nawata, K., Miyajima, T., & Yamaguchi, H. 「Values and Hostile Intent Attribution to Out-Groups within China and Japan Relations」

日本社会心理学会@関西学院大学(9/17,18)
・秋保亮太,縄田健悟,池田浩,山口裕幸「チームワークは継承されるか?:協調迷路課題を用いた実験的検討」

日本グループ・ダイナミックス学会@九州大学
・有吉美恵・池田浩・縄田健悟・山口裕幸「社会的貢献感がワークモチベーションとストレスに及ぼす効果」
・黄麗華・縄田健悟・山口裕幸「集団間接触と攻撃政策への支持の関係性における敵意帰属の媒介効果」

産業組織心理学会@立教大学
・有吉美恵・縄田健悟・池田浩・山口裕幸「ワークモチベーションにおける社会的貢献感の役割:コールセンター受電業務オペレータを対象とした調査研究」

 

最終更新日:2016/07/19

inserted by FC2 system